« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

地中熱

先日の休日を利用して地中熱利用の環境についてのセミナーに参加してきました。

H2310_3

H2310_2

岐阜大学 工学部の大谷 具幸准教授の講演もお聞きすることができ、とても勉強になりました。

H2310_5

はじめは全く仕組みが分からなかったのですが、お話を聞くとなるほどです!!

まだまだ、地球にはエコなエネルギーが存在するんだと学びました。

地中熱の利用

ヒートポンプを利用して、冬場は、地中から熱をすくい上げる(暖房)夏場は地上の熱を地中に放出する(冷房)という形で利用する。エアコンのようにコンプレッサを用いるものの他、地下水や不凍液等を循環させることにより熱運搬を行うものもある。ランニングコストは安いものの機器設置等のイニシャルコストが高い点はデメリットである。エアコンが利用できない環境(外気温-15℃以下)でも利用が可能、熱を屋外に放出しないことによるヒートアイランド現象の緩和、省エネルギーとCO2排出量抑制、動力部分を地中に埋めることで原動機から出る低周波や騒音を遮断できる等のメリットがあるみたいです

Qanda31

岐阜県岐阜市 T様邸 トイレ、洗面脱衣室改修

 岐阜県岐阜市にて・・・

洗面脱衣室とトイレの改修工事完成いたしました。

201109231605001

洗面脱衣室、改修前

H231019_9

改修後

洗面化粧台を取り替えました。

201109231606001

トイレ、改修前

H231019_8

トイレ改修後

タンクレスでスッキリ!!壁掛けリモコンで自動洗浄つきです。

最近のトイレは、超節水型で節電機能もありエコ意識が高いですね。

掃除がしやすいのも魅力的

両部屋ともクロスを張り替え、見違えるほどキレイになったと喜んでいただけました。

下地工事~仕上げまで2日間の工事で済みました。

建築総合展 2011 名古屋

 先日、愛知県の吹上ホールにて開催された、建築総合展に行ってきました。

『建築総合展』は、建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流をするところです

Photo_1

H231015_9

建築は、人間の知的生産の累積とこれにもとづくトータルデザインです。

そこには数多くの資材、機器が使われており、それらは年々進歩しております。

しかし、近年地球温暖化への問題が重要性を増しており、建築も無制限にエネルギーを消費する活動からコントロールする活動へのシフトが要求される時代です。

このため、より新しいものに対する情報を迅速に収集し知ることが大切だと思います。

H231015_8

私の地元、ぎふの木のブースも出展していました。

県外でぎふの木に出会うと、なぜだか親近感が沸きます。

やっぱ地元の木はいいですね~。

H231015_23

寺本武司 氏の

「伝統構法で、地震に強い家をつくる!~限界耐力設計のポイント~」

のセミナーにも参加してきました。

いろんな情報を入れすぎて、頭の中がいっぱいです。

帰って、整理します。

無垢材フローリングの良さ

 無垢フローリングとは、100%天然素材である木材を使用したフローリングです。

Photo
杉フローリング

21325_62
檜フローリング

感覚で味わう温かみ。

・リフレッシュ効果(香り)
フィトンチッドが自律神経に働き、肝機能の改善や、快適な睡眠に効果があるとされています

肌触り感
無垢の木はほどよくやわらかいため足にかかる負担をやわらげてくれます。素足で歩くと冬は暖かく、夏はサラサラしていて無垢フローリング特有の心地良さがあります。

・見た目
どの樹種をとっても同じものは2つとなく、それぞれが組み合わさることによって独特な表情を描き出します。

・音への効果
無垢材は空気を含み、やわらかいために、無駄な音の反射を抑えてくれます。無垢材を多く使った部屋で音楽を聴くという、ひと味違った贅沢を味わってみて下さい。

無垢の木には、自然の調湿作用が備わっているため調湿効果バツグン。

シックハウス症候群の原因はまったく発生しません。

そして、時が経つにつれ古びれると言うより「味わい」が出てきます。

そこが無垢材の良い所ではないかと思います。

2011105_2s

現在建築中のM様邸

杉フローリング貼りの様子

日本漆喰協会 表彰式

 日本漆喰協会作品賞を頂きました

P1100575

授賞式の様子です。

P1100573

P1100579

私たちがお客様と一緒に考えた事、左官職人の技術、このように形となって認められたこと、とても光栄に思います。

今後も、社会に幅広く漆喰をアピール出来るよう努め、一層の技術向上と漆喰壁のある建築造りに努めたいと考えています。

2008313_4

漆喰で描いた鏝絵「さくら」

079

磨き漆喰

イタリア ベネチア

水の都・ベネチア

Img_4457

ホテルからの景色

Img_4540

まさに「水の都」水の上から建物が建っているように見えます。

道が狭く、交通手段はゴンドラか歩きです。

おススメはゴンドラに乗って運河からの町並みを見ることです。

ベネチアならではの思い出になるかと思います。

Img_4528

こちらがサン・マルコ寺院ベネチアで最も有名な大聖堂です。

Img_4511

Img_4519

隣接するサン・マルコ広場はとても広く、広場では生演奏を聞きながらお茶することも出来ます。

Img_4594

Img_5512

上の写真2枚を見てください。

傾いた塔がたっています。

わざと傾けたのか、地盤沈下で傾いたのか・・・。

Img_5510

船から見たサン・マルコです。

鐘楼とドゥカーレ宮殿が見えます。

イタリアの人はのんびりしていて陽気です。

スリなどあまり治安が良くないと聞いていましたが、出会った人みなさんいい人ばかりでした。

 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »