2020年9月25日 (金)

ぎふの木の家コンクールで受賞した家 築12年たちました

木の家は時間が経つにつれ、いい味が出ますね

↓画像クリックで動画が見れます↓

Fhflyer2006knt01_20200925180801

https://youtu.be/AqygbjADBOE

 

木材はたくさんの樹種があります。

木造住宅に使用する代表例でいえば、

桧、杉、ヒバ、松、栗、などがあげられます。

樹種によって適材適所、使用する場所を変えます。

土台には湿気に強い「桧や栗」

柱には強度がある「桧」

梁には強度と材が大きくとれやすい「松」

外壁には水に強い「杉の赤身」

ウッドデッキには水に強く杉よりも硬い「ヒバの赤身」といった感じです。

築12年経ちますが腐食やシロアリ被害とは無縁です。

 



2020年9月 1日 (火)

ノノムー米収穫 2020年 秋

今年も無事お米を収穫することが出来ました。

収穫するとすぐに来年の準備にかかります。

耕して土つくり、肥料、草刈り、水張り、などなど、、、

それに、病気にならないように看ないといけないし、

お米つくりはホントやることがたくさん。

稲にたくさんの穂をつけてもらうよう一生懸命お世話をするわけだが

ちょっと気を抜くと枯れたり、傷んだりする。

人の子だと泣いたり話したりでなんとなく分かるが、おんぶにだっこですわ、

農作はバカでは出来んと言うが、なんとなく分かる気がする。

そうだったら、お米を買った方が安くて楽なんじゃないか。

いやいや、そんな事もない、

お金だけのことを言ったらその通りかもしれない

休耕地にしたら草刈りをしないといけない、身の無い草刈りはホント無駄な労力だ。

一番大切なことはお米ができるまでのプロセスであり、

これは会社では教えてくれない、体験してわかるものでとても価値があると思う。

そして、食に感謝しろというのも分かってくる。

さーて、明日から新米食べれるぞ。と言いたいところだが昨年のお米が少し余っているので新米はもう少し先になりそうです。

ののむらが作っているのでノノムー米

ちなみに、奥の建物が野々村建設の社屋です。

 

2020年8月25日 (火)

打合せスペース リニューアルしました

たくさんの自然素材を使用した打合せスペースが出来ました。

キッズコーナーも有り、お子様連れも安心

実際の建築にも使用する材料を使っているので現物見本としてもご覧いただけます。

完成動画はこちら↓↓↓

Img_6157s

«土地情報 現地動画